翻訳したい言語を選ぶ

英語だけではなくさまざまな言語に翻訳することが可能

翻訳サービスを利用してウェブサイトのコンテンツを翻訳する場合、元の文章をどの言語に訳すのかを設定しなければなりません。外国語の翻訳というと、まず英語を思い浮かべる人が多いと思いますが、英語以外にも様々な言語に翻訳が可能です。また、外国語で書かれたサイトの文章を日本語に翻訳することももちろん可能です。
では、翻訳してほしい文章を入力する際、「これは○○という国の言葉である」ということを設定しなければならないのでしょうか。ほとんどの場合、翻訳サービス側が自動判別してくれるので、「日本語を訳してほしい」とか「英語を訳してほしい」といった風に指定する必要はありません。そのため、どこの国の言葉なのかわからない文章を訳してほしいという場合も、単に入力フォームに入力するだけで済みます。

日本語と英語の翻訳精度がもっとも高い

この言語に翻訳してほしいという設定を行う際に一つ知っておくべきこととして、翻訳の精度が言語によって多少異なるということが挙げられます。たとえば、日本語を英語に、あるいは英語を日本語に翻訳したときの精度と比べ、英語以外のマイナーな言語に翻訳するときの精度はかなり落ちるといっていいでしょう。英語が関わる翻訳は昔から需要が多く、辞書データや文法データが充実していますが、マイナーな言語の需要はあまり高くないので英語ほどには充実していないためです。
そのため、外国人に伝えるため日本語で書かれたサイトの内容を外国語に翻訳する場合、伝える相手の母国語ではなく、あえて英語に翻訳した方が正確に伝わるということもあり得ます。