文体などを選ぶこともできる

文体を意識した翻訳が可能

webサイトを翻訳する場合には、文体を意識することも大切です。文法通りの翻訳では、その国に在住する方に訴求するのも難しいものです。地元の方が馴染みやすい文体での翻訳を心がけ、販促効果の高いwebサイト翻訳を心がけましょう。国内では需要が見込めない商材であっても、海外市場では高い需要が見込めるケースは珍しく無いものです。自社のECサイトを多言語化することで、自社の商材を海外市場で数多く販売することが可能になります。訪日外国人向けに、民泊などのインバウンド事業を営む事業者であっても、webサイトを翻訳することは、集客のための有効な手段です。観光で日本を訪れる方に、訪日前に自社の商材やサービスをアピールすることができるからです。

翻訳にかかる料金はどの程度か?

webサイトの翻訳を考えても、サイト全体を翻訳するには、それなりな金額が掛かると考えてしまう方も多いことでしょう。一般的な翻訳会社は、ページ単位で数千円程度という低料金で翻訳することが可能です。言語により料金体系は変わっていきますが、然程の料金を掛けることなく、サイトの翻訳を行うことは可能です。商材のセールストークは勿論のこと、専門性の高い技術文書に至るまで、幅広い翻訳を行えるのが、翻訳サービスを利用することのメリットです。翻訳会社によっては、事前に無料でお試し翻訳を行えるサービスが提供されている場合もあります。発注する前に、自社のイメージに適した翻訳結果を確認することが可能です。自社サイトの多言語化を進め、海外での事業展開を進めましょう。