文章を区切ることも重要

webサイト翻訳で翻訳精度を上げるコツは文章を区切ること

webサイトの各ページを翻訳させる場合、その翻訳精度を上げるためには、文章を区切って簡単にしていくことがコツとなります。
web翻訳サービスの性能は年々向上していますが、やはり未だに、人間が翻訳するほどの精度はありません。というのも、「翻訳前の原文をどのように認識するか」がどうしても不正確になりやすいため、翻訳される文章も変な文章になりがちなのです。
したがってそれを防ぐために、翻訳前の文章をよく区切ることが有効です。よく区切り、最初から簡単な文章にして翻訳をさせれば、翻訳前の文章のニュアンスを正確に伝えやすくなります。また、日本語は主語がない表現や曖昧な表現も多いので、そういった点を補うためにも、区切った短い文章を連続させるとよいでしょう。

【実例】文章の区切り方

実例を挙げてみましょう。
『私は昨日叔母の家に行き、ピンク色のTシャツを誕生日プレゼントにあげました。叔母は大変喜んで、お礼にと言って昼食に、ピザをごちそうしてくれました』
という文章があったとします。これは、以下のように分解してしまえばいいのです。

『私は昨日叔母の家に行きました。そして私は彼女にピンク色のTシャツをあげました。それは誕生日プレゼントです。彼女はとても喜びました。そして昼食時に、私は彼女にピザをご馳走になりました。それは彼女からのお礼でした。』
もちろんこの区切り方は一例なのですが、このように文章を短く区切っていくことで、そのニュアンスが明確になり、翻訳の精度も上がります。いかにコンピュータがわかりやすい文章にするかが、翻訳の精度を上げるコツなのです。