インターネットでは、日本語以外にも英語など多国語で書かれているサイトを目にすることができます。外国語で書かれているサイトを日本語に翻訳して読みやすくする手段として、webサイトの翻訳機能を使う方法があります。

ページの翻訳精度を上げるためのコツ

翻訳しやすい言葉に置き換える

日本語で書かれたウェブサイトの内容を翻訳サービスを利用して外国語に翻訳する場合、ちょっとしたコツがあります。それは、翻訳サイトが誤認しやすい言葉をわかりやすいものに置き換えるというものです。具体的…

Read more »

文章を区切ることも重要

webサイトの各ページを翻訳させる場合、その翻訳精度を上げるためには、文章を区切って簡単にしていくことがコツとなります。web翻訳サービスの性能は年々向上していますが、やはり未だに、人間が翻訳する…

Read more »

述語は必ず加える

存在しない述語を推測して付け足す機能はない

日本語のサイトを外国語に翻訳するためネットの翻訳サービスを利用する場合、日本語の文章をある程度手直しして入力した方が正確な訳になる可能性が高いです。たとえば、キャッチフレーズなどで余韻を出そうとしたり、読み手の想像力を刺激するために、「私たちはその先へ」といった感じで、あえて述語を書かない文章が存在します。日本語がわかる人からすれば、「その先へ行く」ということだろうなとすぐわかりますが、翻訳サービスは書かれていないことを勝手に推測して付け加えるといったことはしないので、意味の通らない文章にしてしまう可能性が高いです。そのため、この文章には述語が欠けているなと判断したら、付け加えるといいでしょう。

主語がない文章に主語をつけることも重要

主語がない文章というのも少なくありません。この場合も必ず主語を付け足すようにしましょう。具体的には、「私は」「私たちは」といった人称が欠けているケースが多く、そのまま外国語に翻訳するとやはり意味が通じにくいものになりがちです。いちいち、「私は」などと付け加えていくのは面倒かもしれませんし、英文に翻訳した場合、必ず文頭に「I」とか「We」という言葉が入るので野暮ったく見えてしまうかもしれませんが、意味が通らない翻訳よりはずっとましです。 外国人にも通じる文章に翻訳できたのか確認したい場合は、翻訳された外国語の文章を同じ翻訳サービスで日本語にしてみるとだいたい判別が可能です。もし、まったく意味の通らない日本語になってしまった場合はやり直した方がいいでしょう。